キレイになりたいなら、ケミカルピーリングは皮膚科で!

ニキビ、くすみ、美白対策など、お肌のほとんどのお悩みには皮膚科でのケミカルピーリングが効果的!
ピーリングは、古い角質を剥がすことにより皮膚の再生を促し、肌を生まれ変わらせる効果的な治療です。四谷三丁目皮膚科でも、ピーリングを行っています。ケミカルピーリングは薬剤によって、ウエットピーリングは物理的に剥がすことでピーリングを行い、効果を発揮します。

ピーリングされる皮膚の深さによってピーリングの効果も変わってきますが、日本の皮膚科でポピュラーに行われているピーリングによって期待できる効果は、皮膚のターンオーバーの改善、色素沈着の原因となるメラニンの排出を促す、毛穴の詰まりを解消してニキビをできにくくする、真皮の浅い部分のコラーゲンを増やし、皮膚の張りを持たせる、肌質、くすみの改善後に使う薬剤の浸透性を高める、などがあげられます。

よって、ケミカルピーングの効果としては、二キビができにくくなる、くすみが取れる、美白効果、小じわが改善される、などがあげられます。

皮膚科ケミカルピーリングで使用する薬剤には、主としてフルーツ酸(AHA)の一つであるグリコール酸と、サリチル酸(BHA)、その他があります。

グリコール酸は日本人の皮膚に適したピーリング剤です。薬剤自体にも美白作用があります。2~4週間に1回行います。

サリチルマクロゴールピーリングに使うサリチル酸は、毛穴の中まで入り込んで角質が除去できるので、毛孔閉塞、皮脂詰まりによる毛穴が気になる方、ニキビの方に特に皮膚科でお勧めしています。皮膚が脂っぽい方にも向いています。

一方、皮膚科で行うウエットピーリングは、ダイヤモンドの微粒子を用いて物理的に角質層を剥がしながら、ヒアルロン酸を浸透させながら行うピーリングです。毛穴の吸引も可能です。

施術後は、一時的に赤くなることがありますが、通常3~4日で治ります。また、一時的に乾燥したり、皮膚が剥けてくることがありますので、保湿をしっかりして下さい。
日光の影響を受けやすくなりますので、サンスクリーン剤は必ず使用して下さい。

ケミカルピーリングを試してみたい方は四谷三丁目皮膚科

   ↓  ↓  ↓

http://www.bihada.co.jp



皮膚科でのケミカルピーリングについて

ケミカルピーリング 皮膚科

皮膚科でケミカルピーリング、美肌を手にいれようキレイになりたいなら、ケミカルピーリングは皮膚科で!