皮膚科で脱毛、レーザー脱毛がオススメです

そろそろワキ毛が気になる季節です。つるつるのワキは皮膚科レーザー脱毛で手にいれましょう。
夏も間近です。暑い夏、ワキに汗をかくようになると、ワキの臭いが気になる方が増えてきます。四谷三丁目皮膚科で、レーザー脱毛で処理をすると、ツルツルになるだけでなく、臭いも軽減します。

夏はムダ毛の自己処理をするとカミソリ負けをしてしまったり、毛抜きだと毛が埋まってしまったり、細菌が入ったりとトラブルが起きやすいのです。その点、皮膚科レーザー脱毛で脱毛をすると、事故処理の必要がほとんどなくなります。

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があり、アポクリン腺は、ワキの下、陰部、耳の中などの毛穴に開口しています。そのうち、アポクリン腺の数の多い人が日本人の2~3割にいるといわれています。これは遺伝的なものがほとんどです。この汗そのものは臭いはないのですが、脂肪分、たんぱく質、アンモニアなどが含まれており、皮膚の常在菌の栄養になっているため、菌で分解されて変化し、特有の臭いを出してしまうのです。これがいわゆるワキガと呼ばれるものです。

エクリン汗腺から出る汗は無臭ですが、エクリン腺分泌物が皮脂やアカとともに常在菌によって脂肪酸に分解されて、不快な臭いになりますが、ワキガとは異なります。

ワキの臭いの対処法としましては、まず簡単には、ワキの臭いを発する物質を除くという点から、まめにワキの汗を拭いたり、シャワーを浴びましょう。そのほか、ワキの汗を減らす制汗剤(アルミニウム含有製剤)、ワキの臭いの発生を防ぐ抗菌剤(銀製剤)、ワキの臭い物質を消去する消臭剤、香料などのデオドラントを使うという方法があります。

また、ワキ毛が生えていると、汗がたまりやすくなったり、常在菌がはびこるため、ワキの臭いも強くなります。ワキ毛の処理をしましょう。永久脱毛になるレーザー脱毛を行うと、処理時の皮膚の負担も減りますし、ワキの臭いも軽減します。ワキ毛がなくなってツルツルになるだけでなく、汗の臭いも軽減するので、一石二鳥ですよ!
ワキのレーザー脱毛は、2~3ヶ月に1回の割合で、5~6回行うのが目安です。

そのほかには、ワキの汗自体を減らすボトックスの注射もオススメです。ワキの汗を出す汗腺は、神経の支配を受けています。ボトックスの注射をすると、ボツリヌス毒素が神経伝達物質に作用して、ワキの発汗量を抑制するため汗の量が減り、気になる臭い、汗ジミなどを軽減します。薬の効果は、8ヶ月程度持続します。

強い臭いを気にするワキガの方には手術が必要となります。

ワキの毛、ニオイが気になったらレーザー脱毛を、安心の四谷三丁目皮膚科
    ↓↓↓
http://www.bihada.co.jp

皮膚科で行うレーザー脱毛について

レーザー脱毛 皮膚科

レーザー脱毛は皮膚科で!皮膚科で脱毛、レーザー脱毛がオススメです