皮膚科で夏の肌トラブルを乗り切ろう

夏は汗や皮脂が多量に分泌にされるため、肌トラブルがおこりやすい季節です。汗、臭い、テカリや黒ずみ、脂浮き、あせもなど、汗や皮脂が原因でおこる夏の肌トラブルを四谷三丁目皮膚科で解決しましょう。

 夏は汗をかき、肌の新陳代謝も活発になるため、皮脂分泌も増えます。汗や皮脂を放っておくと、ニキビができたり、汗にかぶれたり、細菌感染がおきたりと肌トラブルがおこりやすくなります。

 汗は体温調節のために大切ですが、夏は肌の角層が水分を吸収して、長湯をしてふやけるのと同じような状態になるので、汗をかいたままにしたり、繰り返しふいていると、ぴりぴりしてローションなどがしみるなどの肌トラブルがおきてしまうのです。また、汗そのものは無臭ですが、汗をそのままにしておくと、汗に含まれる分泌物が皮膚の細菌で分解されて臭いのもとになってしまいます。
 
肌の角層がふやけると、毛穴の出口が狭くなるため皮脂が詰まり、ニキビができやすくなります。また、汗の出口も狭くなるため、汗が管にたまって小さな水疱ができます。いわゆるあせもの状態です。水疱がはじけるとかゆみがでたり、赤くなります。ひどいニキビやあせも、湿疹になってしまったら、夏の肌のトラブルは早めに皮膚科で相談しましょう。

 通常汗は酸性ですが、汗をかくとアルカリ性に傾いてくるので、細菌を抑える働きが弱くなるために感染して化膿しやすくなります。「とびひ」になったり、ジクジクする肌トラブルがおこりやすいのです。 
夏におこりやすい「とびひ」も皮膚科での治療が必要です。皮膚科では抗生物質の飲み薬と塗り薬で治療します。

 一方、夏は紫外線や暑さのために寝不足になったり、不快感からストレスを感じたりと、さまざまな理由で、肌のターンオーバー(再生のサイクル)が狂いがちになります。すると古い角質がはがれず、肌の表面にたまってしまい硬くなってザラついてきます。そのため、くすんだり、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまうのです。皮脂腺が多いTゾーンでは、皮脂が酸化されて黒ずんで肌トラブルだらけになってしまいます。
 
 さて、汗や皮脂の対策ですが、汗を抑えるのは難しいのが実情です。首の後ろを冷やすと、反射的に汗が出にくくなります。辛い物や、刺激の強い食べ物をひかえるのも肌トラブルを回避する一法です。

汗をかいた後はお肌のケアが大切です。
スキンケアの基本は洗顔です。夏は寝ている間に汗をかくので、皮脂をきちんと落とすためにぬるま湯での洗顔が向いています。Tゾーンが気になる人はTゾーンだけ再度洗顔しましょう。

 夏は肌のテカリを嫌うあまりさっぱりさせるケアに走りがちで、その結果保湿が足りなくなってしまうこともあります。クーラーは肌を乾燥させます。汗をかいたら洗顔はしっかり、でも、乾燥して肌のバリアがくずれると汗の刺激も受けやすく、肌トラブルがおこりがちになるので、保湿はしっかりしましょう。ただ、夏場は皮脂分泌が増えるので、冬場と同じケアではなく、状態に合ったアイテムを選びましょう。
 
皮脂分泌を抑えるのにはビタミンC入りの化粧品が効果的です。夏は皮脂と汗で肌がべったりした感じになり、不快感を感じることがあります。サラサラ肌で夏を乗り切るためには、皮脂を吸収するような美容液もオススメです

 皮脂の詰まりをそのままにしておくと、毛穴詰まりが進んで毛穴が広がってしまうので、詰まった皮脂を取り除きましょう。軽いピーリング作用あるフルーツ酸やサルチル酸入りの化粧品も効果的です。毛穴パックは、肌に刺激を与えるので、週1回程度に!皮膚科でのケミカルピーリングもこのような肌トラブルには効果的です。
 
夏はメークがくずれやすいのですが、Tゾーンは特にくずれやすいので、厚塗りはやめましょう。メイク直しは、できれば洗顔からしなおすのが良いのですが、無理な場合には皮脂や汗を取ってからメイクを直しましょう。皮脂分泌が多いと、ファンデーションの粒子が皮脂に浮いて、よれてしまいます。よれてしまうと化粧直しがしにくので、皮脂分泌の多い人はよれる前になるべく頻回に皮脂をオフしましょう。

 夏はクーラー、紫外線、汗、皮脂と、様々なダメージを肌に受け、肌トラブルがおこりがちです。お肌ケアでこうしたダメージを和らげるコツは、朝は「守り」、夜は「与える」ケアを心がけることです。
 朝は「肌を守るケア」です。紫外線、クーラーなど、肌にダメージを与えそうな敵から守ってあげるケアです。ビタミンC、Eなどに代表される、抗酸化作用がある成分を補って、紫外線や皮脂分泌からガードしてあげるのです。
 夜は「肌に与えるケア」を意識しましょう。その日に受けたダメージから回復させるためのケアです。保湿やアンチエイジングケアなどを怠らないようにしましょう。

皮膚科での夏の肌トラブルの治療について

皮膚科 肌トラブル

夏の肌トラブルは皮膚科で治療皮膚科で夏の肌トラブルを乗り切ろう