最新のニキビ治療は過酸化ベンゾイルで!

最近、ニキビ治療過酸化ベンゾイルが配合された処方薬が2つ、発売になりました。

過酸化ベンゾイルは、海外では以前から広く使われている成分ですが、日本では最近になってニキビ治療に使われるようになってきた成分です。適切に使用すると、ニキビのできにくい肌を維持する効果が期待できます。

ニキビ治療薬である過酸化ベンゾイルには、抗菌作用と軽いピーリング作用があります。
ですから過酸化ベンゾイルは、ニキビの原因となる毛穴のつまりをなくしてニキビができないようにしつつ、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増えるのをおさえて、ニキビを治す効果があります。また、過酸化ベンゾイルは、炎症の原因となる物質の発生を抑え、炎症の悪化と化膿を防ぎます。

ただし、過酸化ベンゾイルを塗ると、乾燥、かぶれ、赤み、カサカサ、かゆみ、ヒリヒリ感などがおこることがありますので、医師の処方のもと、乾燥を防ぎながら治療することが必要です。

外用薬には、過酸化ベンゾイル単独のものと、抗菌剤であるクリンダマイシンが配合されているものとがあります。

ニキビ治療は進化していますので、ニキビでお悩みの方は、皮膚科でご相談下さい。
     ↓↓↓
四谷三丁目皮膚科 http://www.bihada.co.jp

過酸化ベンゾイルのニキビ治療について

過酸化ベンゾイル ニキビ治療

過酸化ベンゾイルのニキビ治療について最新のニキビ治療は過酸化ベンゾイルで!