まつ毛貧毛症は皮膚科で治療 少ない、短い、細いその悩み、まつ毛貧毛症は皮膚科を受診 まつ毛貧毛症 ルミガン 四谷三丁目皮膚科

少ない、短い、細いその悩み、まつ毛貧毛症は皮膚科を受診

エクステンションやつけまつ毛が流行していますが、まつ毛が少ない、短い、細いというまつ毛貧毛症の悩みは多くの方にみられます。塗るだけで長くなるまつ毛貧毛症の育毛剤、グラッシュヴィスタ、これと全く同じものが緑内障の目薬、ルミガンです。自分のまつ毛を伸ばして長く濃いまつ毛になる、まつ毛の育毛剤として、ルミガンを四谷三丁目皮膚科ではお出ししています。

まつ毛のエクステンションやまつ毛パーマ、ビューラーの多用でまつ毛は大きなダメージを受けていますが、そんな悩みを解決するお薬があります。まつ毛貧毛症の育毛剤、グラッシュヴィスタ、米国ではラティースという名前で処方されていますが、ルミガンと同一です。

ルミガンはもともと緑内障という眼の疾患のお薬ですが、ルミガンを処方されて片目に点眼していたら、片目だけ、まつ毛が伸びてしまった・・・というところから、まつ毛貧毛症の育毛剤として米国医薬品局(FDA)がラティースとして認可をしました。ですから呼称は異なりますが、処方薬のルミガンとグラッシュヴィスタ、ラティースは全く同じもので、まつ毛の育毛効果があります。

グラッシュヴィスタ、ラティース(ルミガン)の主成分はビマトプラストで、まつ毛にも髪の毛と同じように毛が生えるサイクル(毛周期)があるのですが、育毛剤としての効果は、まつ毛の成長期を長くすることでまつ毛の長さを長くし、休止期にある毛包を刺激してまつ毛の太さを太くし、メラニン合成を活性化することでまつ毛の色を濃くします。

ルミガンの貧毛症に対する育毛剤としての効果に個人差はありますが、夜1回まつ毛の生え際に塗るだけで、使用後約4週間くらいからすこしずつ効果が現れ、8週間で顕著、16週間でその方の最大の効果が出るといわれています。

四谷三丁目皮膚科でも、まつ毛貧毛症に対するルミガンを塗ってエクステンションがいらなくなった、長いエクステンションが付けられるようになった、エクステンションのもちが良くなった、他の人からエクステしてるの?といわれた、などという声が多く寄せられています。

ルミガンの副作用としては、まれにかゆみ、眼の充血、乾き、違和感などが報告されていますが、一番気をつけなければいけないことは、メラニン合成を活性化するので、皮膚についてしまうと皮膚の黒ずみが起こる可能性があるということです。ですから、極力皮膚には付かないよう、上まつ毛にのみ、まつ毛の生え際だけに少量塗るようにしましょう。

ルミガンは、もともとは緑内障の治療薬です。個人輸入などで手に入れる方もいらっしゃるようですが、皮膚科などのクリニックで処方された安全な製品を使いましょう。処方されたルミガンで、正しく使用しましょう。
まつ毛貧毛症で、まつ毛が少ない、短いなどのお悩みの方も、是非、ルミガンをお試し下さい。


まつ毛貧毛症のお悩みは、ルミガンで解決!四谷三丁目皮膚科へ!
↓ ↓ ↓
http://www.bihada.co.jp
ルミガンまつ毛貧毛症に対する効果について

まつ毛貧毛症に対するルミガンの効果について

まつ毛貧毛症 ルミガン

まつ毛貧毛症は皮膚科で治療少ない、短い、細いその悩み、まつ毛貧毛症は皮膚科を受診